FC2ブログ

星屑のささやき

広い宇宙のほんの小さなひとかけら

Entries

一枚の写真

35_20180410200713e21.jpg




あなたが見せてくれた
一枚の写真
そこに写っていたのは
私が見たいと憧れていた風景

たったそれだけのことが
こんなにも悲しくて 
こんなにも苦しくって
バカみたいにひとりで傷ついて

夢を追いかけていたあの頃が
ふと懐かしくて
あの日のときめきを探しては
目の前の現実に落胆するばかり

あなたにとってのわたしと
わたしにとってのあなた
どこまでいっても平行線で
いつまでたっても孤独のままで

ため息の夜をいくつ超えても
寂しさも虚しさも消えなくて
もどかしさを抱えたまま
檸檬色の風が通り過ぎてゆく











スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。