FC2ブログ

星屑のささやき

広い宇宙のほんの小さなひとかけら

Entries

lonely night

DSC06901.jpg




ないものねだりでしかないけれど

こんな夜は君の声が聞きたくて

やけに淋しくて眠れなくて

このまま忘れられた方が楽なのに

遠ざかっていく足音に耳を澄ませ

心離れていくことがやるせなく哀しい









絶頂期の恋愛とは・・、最高の自己肯定ではないだろうか。
自分の好きな人が自分を好きということほど
自信のわきでるものはない。まわりのものが無価値になるほど。
どんなイヤなことがあっても 愛する人と一緒だと大丈夫。
障害があるとかえって仲は深まる。
二人でギュッと抱き合えば忘れられる。
恋の強さは恋の弱さでもあり恋の怖さでもある。

銀色夏生




スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2017.05/27 05:19分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。