FC2ブログ

星屑のささやき

広い宇宙のほんの小さなひとかけら

Entries

冬の星座



凍てつく夜に風がごおごおと音を立て

名前も知らない冬の星座が都会の空で

何億光年の時をこえて光を解き放つ


寒さに震えながら星を見つめていると

心までもが澄んでいくような不思議な感覚

手を伸ばせばあの空に届きそうなくらい


無になっていくのに同時に満たされていく

無限の優しさに包まれるようにゆるやかに

時のたつのも忘れ夜の静寂を抱きしめる








人の弱さや悲しさの前に
限界よりもほんのすこし長く立ち止まっていられたら
そこに強さややさしさが見えてくると思う。
キラキラ光るものが。

銀色夏生




スポンサーサイト



Comment

NoTitle

こんばんは。

東京でも冬の夜空は冴えわたります。
数少ない星座が煌めく都会の夜空。
寒くて震えながら眺めた事がありました。
自分の存在が宇宙に同化するような感じがします。
本当はもっとたくさんの星座が、ギリシャ・ローマ神話の物語を語っているはずなのですが、都会では望むべくは洗いません。
若い頃は、渋谷の後藤プラネタリウムを何度も楽しんだことを思い出しました。

冴えわたる冬の星座に拍手。
  • posted by 芦野往人
  • URL
  • 2015.02/16 00:53分
  • [Edit]

芦野往人さま

こんばんは。

高層ビルの谷間から見える小さな空にも
ひときわ輝く星を見つけると
心の澱がす~っと溶けていくような気がします。
芦野往人さんがおっしゃるように 宇宙と同化するような感覚 
確かにありますね。
星と会話できたら楽しいだろうななんて
そんなロマンチックな気分にもなれます。
星座にはまるで疎いので どれがオリオンなのかポラリスなのか
さっぱりわかりませんが そんなこともどうでもいいくらい
とにかく綺麗で 見つめるだけで心が満たされるのを感じます。

その場所のプラネタリウム・・なくなってしまいましたね。


  • posted by 冬の星屑
  • URL
  • 2015.02/16 22:27分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。