FC2ブログ

星屑のささやき

広い宇宙のほんの小さなひとかけら

Archive [2018年06月 ] 記事一覧

ホタル

キミはいつも笑ってくれたねそばにいるだけで楽しかった繰り返し見る夢のようで儚い命のホタルのようで夢から醒めるたび苦しくて仕方なかった声を聞くだけで泣けてきた愛していたのだろうか...

月の涙

雨上がりの朝雲に隠れた昨夜の月を想う目には見えないけれど確かにそこにあるはずの月満ちたりた満月がしあわせの絶頂だとしたら少し欠けた月の方が希望という可能性を秘めているだから足りないくらいがちょうどいい見えない部分を補うように未来に向かって力を尽くす昨日の月が流す涙は今日の月が拭ってくれる満ちていく月を見上げながらすでに心は満たされて...

息をひそめた恋

息をひそめた恋気づかれぬようそっと吐き出すため息と触れられないもどかしさいつかきっと・・そんな希望も期待もなくて今にも降り出しそうな空に一粒の雨を待ちわびる...