FC2ブログ

星屑のささやき

広い宇宙のほんの小さなひとかけら

Archive [2015年06月 ] 記事一覧

流星

切ない夜見上げた空から流れ星ひとつ手の平に落ちて逢えない距離を心は飛んで見えない明日を想いで繋ぐ異国の山に降るという流れる星を君と見ていたい目覚めれば儚く消える夢の中の出来事だとしても過去詩です。このところ言葉が出てこないので(^-^;あと 元気も出ないので^^;夏至を過ぎ 6月も残りわずかですね。ご自愛ください。...

言い訳

大切に想い合うしあわせ暗闇の中のひとすじの光り心の支えにしてはいけませんか?恋を超えた絆・・言い訳でしかないですか?...

優しくそっと

雨に打たれる紫陽花の淡い美しさに泣きそうになる渇いた心に優しくそっと語りかけてくれるから同じ場所にいると同じ風景しか見えない勇気を出してそこから離れよう心屋仁之助...

切なくてもどかしい距離

大切に思うからこその距離近づきすぎて壊れてしまわぬよう臆病者かな切なくてもどかしいくらいの距離がちょうどいいなんて言葉にしないことにこそ真実はあるって本当かもしれないね...

眠り姫

どんな言葉も綺麗ごとにしか聞こえなくて何をしても気持ちが入っていかない思考回路まで梅雨入りしたみたいにぼんやりモヤモヤ・・疲れた脳が考えることを拒否する感じるだけで暮らしていけたらどんなに良いだろう今はただ何も考えずに眠りたい・・あたたかな陽射しの中でまどろむような休息を求めている銀色夏生...

不惑

夢と現実のはざまで揺れ惑う感情と理性がせめぎ合う刹那のしあわせありきたりの日常どちらかひとつ迷わない人になりたいいつのまにかこんなに恋をして淋しがりやの君だから何もかもつらい僕がいなくても 君は笑ってね抱きしめているのさ なぜ哀しいの?銀色夏生...

helpless

好きだとか愛してるとか逢いたいとか淋しいとか言える立場じゃないよねわかってるそんなことだからこんな片隅でこっそりつぶやいてるそうでもしなきゃ心が破裂しそうで離れよう忘れよう何度決意しても無駄なこと惹かれてしまうどうしようもなく悲しいくらい君に恋してるふたつの世界の境目でぼくはふたつの思いに引き裂かれる好きだっていったら君は怒る?怒るよね銀色夏生~エイプリル~より...

such love

目をそらしても心はキミを離れられず会うたびにつよく惹かれ前よりもっと好きになる溢れる想いを閉じ込めても輝く瞳が心を物語る許されない恋だと諭す理性に背いてまでもキミに出会ってこんなにも恋をしてこんなにも切なくてこんなにも・・生きる理由がわからないというならその理由を僕があげよう君がいなくなると僕は困るだからそこにいてほしい銀色夏生~僕が守る~より...

in the rain

逢いたい気持ちを抑えきれず思わず送ったメールに君は予定を変更して応えてくれた折しも天気予報は傘マーク日焼けして精悍さを増した君のくったくのない笑顔まぶしくて罪の意識など忘れ駆け出した雨の中叶わない未来に思いを馳せてひとときの夢に酔いしれて君の語る言葉もその声もすべてが愛おしいと思えた夜抱き寄せる腕の温もり口づけの優しい余韻離れ難くて君を何度も振り返る改札口『生涯の恋人』と 君は言った甘くせつない響...

moment

あわただしく過ごした一日の終わりにふと見上げた夜空に浮かぶ月見て君も充実した休日を過ごしたかなと穏やかな気持ちで思い描く遠く離れたふたりの日常は別々に過ぎていくしかないからせめて月を見上げる瞬間だけでも君が私を思い出してくれたらいいなそんなささやかなつながりが優しい時を紡いでくあなたがあなたである理由私が私である理由その理由を思いつく場所を探すために一緒に生きていきませんか銀色夏生...