星屑のささやき

広い宇宙のほんの小さなひとかけら

Entries

あかね空

プラハ



夕暮れの

あかね色に染まる雲

ふたり並んで眺めてる

そんなひとときで良かった


キミが見せてくれた

異国の風景に

見果てぬ夢を重ねては

うつむくばかりの恋だった


せめて

あの日が沈むまで

振り返ってしまう弱さを

どうか許して








ふかく想へばかなしみとなるこの夜のかほを石鹸の泡に隠しつ

横山未来子






スポンサーサイト

恋はいつか終わる

3_2018071723295658a.jpg




狂ったような暑さの中

あの日たどった道を想う

薄れていく記憶の中で

たったひとつ消えない夏


だんだんと興味もなくなって

忘れてる時間が増えていく

望みどおりの結末・・?

恋はいつか終わる









いつかはねって淋しくわらうニッキだけ底にのこったドロップの缶

北川草子





*CommentList

wish upon a star

天の川




誰も苦しめず

この恋が静かに終わりますように

七夕の夜

星にそう願いをかけた


「会いたい」というきみに

返事をしなかったのは

また心が揺れてしまうから

聞こえないフリして黙りこむ


線香花火が燃え尽きるように

きみとわたしの

甘くせつない記憶も

静かに消えてゆけばいい









君の指がきれいにみえたあの頃は笑っていれば日が暮れたのに

北川草子




*CommentList

ホタル




キミはいつも笑ってくれたね

そばにいるだけで楽しかった

繰り返し見る夢のようで

儚い命のホタルのようで


夢から醒めるたび

苦しくて仕方なかった

声を聞くだけで泣けてきた

愛していたのだろうか







*CommentList

月の涙

4_2018062110235337e.jpg



雨上がりの朝

雲に隠れた昨夜の月を想う

目には見えないけれど

確かにそこにあるはずの月


満ちたりた満月が

しあわせの絶頂だとしたら

少し欠けた月の方が

希望という可能性を秘めている


だから

足りないくらいがちょうどいい

見えない部分を補うように

未来に向かって力を尽くす


昨日の月が流す涙は

今日の月が拭ってくれる

満ちていく月を見上げながら

すでに心は満たされて













*CommentList