星屑のささやき

広い宇宙のほんの小さなひとかけら

Entries

ひたむきに

yuzuru4.jpg



きみはどこまで強くなるのだろう

きみはどこまで高くとぶのだろう

痛々しい程ひたすらにひたむきに

氷上で闘い続けるきみのすがたに

魂を揺さぶられ目が離せなくなる

瞬きするのも惜しいほど美しいひと

まるでギリシャ神話のアポロンのよう

たくさんの幸せを捨ててきたから

今が最高にしあわせと

少年のように微笑むきみの

清らかなまなざしに心打たれる

神に選ばれしきみは

孤高の勇者






Dear 羽生結弦さま






スポンサーサイト

きみと

DSC06807.jpg





きみとだから繋いだ手

きみとだから見れた夢

きみに出会わなければ

知ることのなかったしあわせ

愛しさと胸の痛みと寂しさと









月のない夜






はりつめていた心が

ふっと緩む瞬間

会いたいな・・

小さな想いがこぼれ出す


月のない夜は

冷たい空気が肌を刺す

温もりに触れたくて

笑顔になりたくて


会いたい と

たったひと言伝えることが

どうしてこんなに

難しいんだろう




ふっ と





ふっ と

ため息を吐くように

欠けていく月のようなこの恋を

ままならないこの想いを

いっそ

解き放ってしまおうか

冷たい夜のしじまに


粉雪





スーパーブラッドムーンの夜

同じ月を見ていた

それだけで良かった

そんなころもあったのに


声にならないSOS

何度発信しても

気づいてもらえず

心は渇いていくばかり


近づくこともできず

離れることもできず

凍てつく冬の空に

粉雪が舞う