FC2ブログ

星屑のささやき

広い宇宙のほんの小さなひとかけら

Entries

Epilogue

umi2_20180905095206707.jpg




きみにとっては

それくらい の事でも

わたしにとっては

それほど の事だった


どうして・・?

って 何度 問いかけても

きみに届かないなら

意味はないのに


ほんの小さなすれ違いから

次第に離れていく心の距離

こんなにも遠く

こんなにも切なく


本当はずっと前から

感じていたけど

きっときみも

感じていたんだろうけど


きみのたったひとりの

特別でいたかった

哀しみだけが残る

夏の終わり










スポンサーサイト
*CommentList

Far Away

100.jpg





この恋はたったひとつのわがままだった

楽しくて 嬉しくて 切なくて

つかの間の時間が幾重にも重なり

ささやかな人生の1ページを彩る


会えない時間の寂しさは

ほんのひと時では埋めつくせずに

次第に広がり

ふたりの距離を哀しく阻む


どれほど惹かれあっていても

ともに歩む理由は見つからない

キミの笑顔が私を強くもし

また弱くもする


キミの不在に

儚いきずなを思い知る

時の流れは残酷で容赦なく

ふたりの現実を見せつける










*CommentList

わがまま





“わたし 強くなったのよ”

そう笑ってみせるときみは

“わがままだってわかってる でも・・”

哀しそうな顔してうつむいた


そんなきみを見て

わたしの心はまた弱くなる

わがままなのは

わたしのほうかもしれない




not found

sunflower_63.jpg




何かあるたびキミに話したくて

どれほど想いあふれても

飲みこむ言葉ばかりが増えていって

いくつもの季節が過ぎてゆく


愛しいから悲しくて

どうしようもないから苦しくて

そばにいる理由を探しても

そんなものはどこにもなくて









あかね空

プラハ



夕暮れの

あかね色に染まる雲

ふたり並んで眺めてる

そんなひとときで良かった


キミが見せてくれた

異国の風景に

見果てぬ夢を重ねては

うつむくばかりの恋だった


せめて

あの日が沈むまで

振り返ってしまう弱さを

どうか許して








ふかく想へばかなしみとなるこの夜のかほを石鹸の泡に隠しつ

横山未来子