星屑のささやき

広い宇宙のほんの小さなひとかけら

Entries

選択権

1_2017031823384477c.jpg





恋を忘れるのは簡単なのに

いつかキミと見た風景が忘れられない

恋とか愛とか名前のない想いは

こんなにも脆く壊れやすいのね


キミとの今を紡ぐ術もなく

いつだって過去形でしか語れない

手離す寂しさと留める寂しさ

選択権は私にあるというのに





スポンサーサイト

あたりまえのように

17_20170312103101059.jpg




春の訪れとともに

捨て去るはずの想いが

あたりまえのように

まだそこにあって


忘れようとするたび

恋は愛になって

あたりまえのように

まだキミが好きで


想いが募るほどに

胸は痛く苦しくなって

ばかみたいに

はしゃいでは落ち込んで


恋は成就してもしなくても

きっといつも切なくて

繰り返すたびに

また見えなくなって





桜の下で

55.jpg




君に求めすぎていたんだね

愛されてたことに気づかずに

切なさばかりに胸を痛め

君の優しさに甘えてた


わがままを許してくれた

私だけを見つめてくれた

あの笑顔はもう戻らないの

満開の桜の下で散りたかった










雨粒

P1060960.jpg




眠れない夜を超え

肌寒い朝に憂うまなざし

泣きたくて泣けなくて

雨粒が涙のかわり


冷たいひと

心変わりを責めるほど

私に愛はあったろうか

胸が千切れるほどの痛みを

きみは知るよしもない


恋は途絶えた

変わらないと言ったのに



哀花

14_20170227201406c76.jpg




花の想いに触れたとき

キミは何を感じ何をおもっただろう

咲くことも散ることもできぬ哀しみを

泣くことも縋ることもできぬ苦しみを

言葉なくただ見つめるばかりで